お客さんと一緒の想い出を創る場所 shot bar pieces

Pocket

GTO 鬼塚英吉

それくらい、興味深い方が経営されている、私が大好きなバーの紹介です。

 

皆さんには、行きつけの場所ってありますか?

僕は、秋田で生まれ、大学から上京し、そのまま都内で働き始めました。

何度か引っ越ししましたが、それぞれの土地で行きつけを作って、多くの方と話し、飲んできました。

 

そんな中で数多くの方にお世話になってきましたが、shot bar piecesのマスターの鬼塚さんもその一人です。

 

鬼塚さんは、今年で49歳になる、見た目ダンディーなおじさんです。

通称は、オニさん

  • 人を楽しませること
  • 人と話すこと
  • 人と一緒に楽しむこと

が大好きで、お茶目な部分をたくさん持たれている方で、多くの方に愛されています。

ちなみにこの記事の画像は、常連さんが作ってくれた、鬼塚さんの切り絵だそうです。

(以下の画像です。)

 

始めての出会いは一人飲み

2013年12月でした。

池袋で初めて行きつけを作ろうと、入ったお店が鬼塚さんが経営するshot bar piecesです。

私は、笑い声に特徴があることと、当時、猛烈に彼女が欲しかったことがあり、

  • 女性がいるときは酒を飲み
  • 男性だけの時にはさっさと帰る

ような、とんでもない人間でした。

そんな僕にでも、ちゃんと対応して頂き、今も仲良くさせて頂いています。

 

今も昔も変わらないこと

毎日新しいお客さんが来るということです。

以前にお客さんが作ってくれた、サイトの記事のお蔭だと聞きましたが、

そこは本質にあらずだと、僕は思っています。

 

鬼塚さんのお店の魅力は、

  • 一緒にいて楽しい空間を、常連さんを巻き込んで作り上げること

だと思います。

初めて一人で来られたお客さんが、帰りに言う言葉があります。

『今日は楽しかった!また来ます!』

なんですね。

男性、女性共にです。

一人一人楽しいと感じる点は違いますが、ホントに皆が言います。

それが、鬼塚さんの良いところなんだなと感じます。

ここまで読んで、あなたが少しでも興味を抱いたのなら、行ってみた方がいいかもしれませんね♬

 

コストパフォーマンス

めちゃくちゃいいです。

 

shot bar piecesは、ラムのロン・サカパを破格の1ショット600円で出しています。

他のウイスキーやビールも他と比べると安い値段で提供してくれますので、非常にありがたいです。

しかも、チャージ無し

 

加えて、料理がめちゃくちゃ旨い。

特に、カルボナーラが絶品です。

このカルボナーラを食べると、他のところでは食べられなくなる病みつき品です。

財布にも優しく、楽しめるなんて最高ですね♬

 

バー以外でも

土日の昼間~夕方の時間や営業時間を使って色々なイベントを開いてくれます。

(イベントを開いてくれる心優しい常連さんがいるとも噂で聞いていますw)

昨年(2018年)のイベント一覧

  • 花見
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • ボーリング
  • 麻雀大会
  • ダーツ
  • 結婚式の二次会
  • カラオケイベント
  • 忘年会
  • 年越し
  • 送別会
  • スノーボード旅行
  • 沖縄旅行など

どれもこれも楽しいイベントばかりです。

イベントに呼んで頂けるようになるとホントに楽しくなりますよ♬

 

いかがでしたでしょうか?

僕が池袋にお世話になった5年間の感謝を込めて、今回の記事を書かせていただきました。

shot bar piecesの鬼塚さんに会いに行ってみてください。

きっと楽しい時間があなたを待っているでしょう★

 

以上、だかまんでした。

最後まで読んで頂いたことに感謝いたします。