罹りつけを決めましょう

コミュニケーション
Pocket

こんにちは★

だかまんです。

昨日、投稿したとおり、彼女と小田原に旅行してきました。

ただ、旅行前日まで39度超えの熱を出していたので、本当は行けるかどうかで言うと、ほぼ無理という状態でした。

 

そんな状態からの復活劇について今回はお送りします。

僕は病院に恵まれません。

都内に住んでいるせいで変な医者に出会いやすいなのか、行く病院を選ぶセンスがないからなのかは分かりませんが、

よく症状に合わない薬を処方されることがあります。

まぁ医者の側からすれば、相手の状態を問診や心音等の音の確認で行うことが多いので、当てずっぽうになってしまうというのはしょうがないのかもしれませんが、

症状まで合っていて、なぜ薬間違うかな~という疑問が残ります。

 

先日37度の熱が出たので、内科で問診してもらい、薬をもらいました。

その薬を飲んだら、熱が39度を超えたんです。

ひどい話ですよねw

 

なので、僕の感覚としては症状に対して的確な処方をしてくれる医者の方に厄介になることをお勧めします。

は?当たり前やん と思うかもしれませんね。

でも実際、仕事終わりにその病院開いてますかね?

自分の行きたい時間に開いてなかったら、別の病院行きますよね?

で、変な薬もらったから、僕は状態が酷くなったのです。

だから日を改めて、会社を休んで病院に行きました。

2度手間だし、お金も余計にかかってムダ三昧です。

なのでお勧めの病院は、自分が休日の日に診察してくれて、的確な処方をしてくれる先生がいる病院です。

今回の発熱で2回目に行った病院には、以前にも行って的確な処方をしていただいた過去がありましたので、そこの先生の話は信頼して聞きました。

すぐ点滴だよと言われ、点滴を打ったら、3日間苦しかった状態から嘘のように復活し、薬も的確ですので、どんどん症状が回復している感じがします。

なので、今後はやはりあの病院に行こうとなるんですよね。

 

しっかりと信頼できるお医者さんを捕まえて、早期に病気を回復させ、

婚活なりダイエットなり趣味のお酒に入っていきましょう。

 

以上、だかまんでした。

[affiliate_tag id=”52″]

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コミュニケーション
評価が上がる報連相のポイントとコツ(「できない」を「できる」にするビジネス術)

ビジネスシーンでは報連相が大事といわれることが多いです。報連相は基本的に会話、メール、チャットなどで …

コミュニケーション
5年目までの社会人の方に伝えたい。今いるところで最大限やる理由

この記事を読む方は、 転職を考えている 今の職場に悩みを抱えている もっと今の仕事を頑張りたいと思っ …

コミュニケーション
入社5年目までの方に伝えたい。5年目終了までにやっておく昇進術

会社では中堅社員として扱われる年齢です 1~3年目に会社の風土、仕事のやり方を学びます。 この間に上 …