5年目までの社会人に伝えたい。自分のやる気スイッチをONにする簡単な方法

仕事術
Pocket

非日常を自分で作り出す。

 

いつもと違う行動をしてみるのです。

例えば、

朝コンビニで朝食を買うという人は、自炊してみるとか

普段会社の社員食堂で食べているという人は、弁当を作ってみるとか

仕事が忙しくて週末以外飲みに行くことができないという方は、仕事を少し早く上がって飲みに行ってみるとか、映画に行ってみるとか

簡単そうなことですよね(^^♪

 

あなたは達成感を味わえる

普段しないことをするためには時間を捻出する必要があります。

この時間を捻出することができたという事実が、あなたに達成感を与えます。

達成感が生まれる

→やるきが出る

→→仕事も頑張れる

 

この好循環を自分で作り出していくことが重要です。

 

ちなみに今日の僕の場合、朝食と昼食を自炊で賄いましたw

これだけで達成感を感じれるなんて人間って得だな~と思いますねw

 

自信は全くありませんが写真を載せておきます。

(もともと、この写真は彼女に送る用で、ブログに上げる気はありませんでした。ブログって不思議ww)

インスタ映えなんて狙えるものじゃありませんw

ちなみに、おかずは卵そぼろ風と野菜炒めです。

でも、不思議なことに、こんなものでも自信は付きます。

 

是非是非、時間を捻出し非日常を創っていきましょう。

今日は短いですが、この辺で。

以上が、「5年目までの社会人に伝えたい。自分のやる気スイッチをONにする簡単な方法」という記事内容です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だかまんでした☆

[affiliate_tag id=”52″]

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仕事術
アテンドとは(ビジネス用語説明)

アテンドという言葉は業界、業種によって意味合いがかなり違うというのと、先日、不思議な解釈をしている団 …

コミュニケーション
評価が上がる報連相のポイントとコツ(「できない」を「できる」にするビジネス術)

ビジネスシーンでは報連相が大事といわれることが多いです。報連相は基本的に会話、メール、チャットなどで …

仕事術
エンロールとは(ビジネス用語説明)

組織のリーダーや営業を学ぼうとするとたまに出てくる言葉、エンロール(エンロールメント、enroll、 …